高齢者でペードラ歴40年の方に

本日の教習は高齢者講習を受講されるペーパードライバー歴40年以上の女性と高齢者ドライバー教習です

40年前の免許取得時は怖々ながら1年間運転されていたのですが、御主人さんの運転でアチコチ行っている状態が続いて乗らなくなり40年が経過し、今年4月の免許更新で高齢者講習を初めて受講されないとダメなので、講習で少しでも運転が出来る様になっていたい、又は講習受けずに免許証を返納しようかと悩んでいたところ、2年前に免許更新忘れで私の教習を受け路上試験1発合格された女性の御母様と知り合いで、「それなら娘に教えてくれたセグロDSの先生に相談したら」と聞かれ申込み頂きました
自宅前で挨拶済ませ交通量の無い広い道路で交代し、高齢者講習時に少しでも運転出来る様に、エンジン掛けてスタートするまでの手順をメモしながら繰返し練習し、兵庫突堤あたりを車の動きやアクセルブレーキの感触を掴んでももらいながら走ると

40年以上運転してなかったと思えないくらいに走れていて、高松線を走りノエビアスタジアム前から須磨のスーパー駐車場まで

少し補助しながら走り駐車場の初発券機を体験し、後退幅寄せ練習をしますが最初は予想通り出来るハズがなく、速度が急に速くなったりハンドル反対に回したり想定内のグダグダ状態ですが、何度か練習してから駐車場出て須磨から高松線を右左折練習しながら走り、自宅に戻り少し運転できたかな感を持ってもらい教習を終了
教習後に高齢者講習の電話申込みをお手伝いし、受講日も決まったので練習の成果を見せて免許更新に行ってくださいね 😀 
PS
3月3日21時
高齢者講習に行かれて指導員に褒められた~って電話を頂きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL