ペルシャ語での通訳が必要で

本日の教習は外国免許切替え試験を受験されている、西アジア中東のお国の女性と3回目の教習です

御主人さんの仕事で神戸に来られ、御子様の送迎や買い物に車の運転が必要で、日本語が全く出来ないのでペルシャ語での通訳が必要で、今日も通訳出来る同じ国の方を後部座席に乗せて教習をスタートです
先週1回目の技能試験を受験されて、練習したS字クランクコースは上手に通過できたのですが、試験コース途中で終了になり試験官からは「左折の際の寄りが寄れてない」との事で、先ずは右左折方法から教習を始めますが、やはり寄ってるのに離れてく感じで
あとは障害物の避け方が出来てないので何度も練習して、優先道路の入り方に安全確認なども繰返し練習して、出来ていたS字の通過方法がダメなのでコレも出来る様に練習し、何とか日本式の運転が7割程度出来る様になって終了

しかし1回目の教習から比べるととても上手になってきたので、次回の試験前にもう一度練習して受験してもらいますね 😛 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL