朝ドラ「スカーレット」の信楽に

本日は2月12日以来の完全休みを頂いて滋賀県に~(^^♪

昨年10月から毎朝欠かさず観ている、朝ドラ「スカーレット」の舞台となっている信楽に行きたいと思ってたところ、信楽にタルトが美味しくて行列が凄いお店、ギャラリー&カフェ「ENSOU」さんが情報番組で紹介されていて

ホームページ見るとコロナウイルスの影響で、3月から完全予約制になっているのを見て、3週間前に予約して行ってまいりました~
神戸からだと90分も走ると到着するので、11時前にスタートし名神高速から京滋バイパスを走り、今まで見たことも聞いたことも無い笠取ICで降りて、交通量の少ない山道と長閑な茶畑の道路を30分走り、ランチはボタン鍋で有名な食事処「あさみや」さんで、猪肉うどんを頂きましたが、猪肉の脂が出し汁と相まってコレは美味しいかった~!(^^)!

店を出て15分も走ると道路沿いには信楽の陶器屋さんがアチコチに、店前にはタヌキの置物が何十個と置かれてて(笑)

5店舗ほど回ってるとスカーレットのモデルとなった神山清子さんの作品が展示されてて、値札見るとあまりの高価な値段にビックリ!し、他の安価で気に入った器を2点購入

予約している「ENSOU」さんまで走っていると、信楽高原鉄道の電車が見えたので無人駅の「雲井駅」で待ち伏せ

ラッピングしたスカーレット電車が

ホーム入って来る姿を撮って

今回の目的であるギャラリー&カフェ「ENSOU」さんの駐車場に車を停めて

森の中を少し歩くとテレビでは大行列が有った店前ではなく、今は予約制になってるので2人ほどの姿が見えるだけの店前に到着

店内に入るとコロナウイルスの事を考えてか、5組ほどの先客が距離を置いてテーブル席に座っていて、私は早めに予約してたので景色の見える窓際のカウンター席に案内され、予約時にオーダーしていたモンブランタルトと珈琲が

渋い感じの信楽焼の器にのせられて

値段は少し高めですが、サクサクした食感の生地と栗の甘さがとても美味しく、昔のポップスが流れる落ち着いた雰囲気の店内で

癒された時間を過ごさせていただき満腹満足で、御土産にイチゴのロールケーキとバナナのタルトも購入して

帰りは新名神信楽ICから乗って18時には帰神です
また近々信楽に今度は、ろくろを回して自分作の器を付くってみたいかなぁ~と :mrgreen: 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL