私の教習を受けたらA判定が多く

本日の教習は今年もA判定結果をたくさん戴いた、警察官の運転技能格付け試験を来年受験される、男性警察官さんと初教習です

3年前に格付け試験の順番が回ってきたのですが、教習しないでも大丈夫と適当な判断して受験されて、S字コースの入口で脱輪をしてしまって、結果は最悪のD判定になり辛くて恥ずかしい3年間みたいで、ようやく格付けの順番が回って来て、今回は絶対にA判定を取りたいので、1ヵ月前に私の教習を受けてA判定結果を取得された、後輩のM様から御紹介頂きました
普段は自家用車を運転されてるのですが、ハンドルの切れ角が悪く車体の前部が見えにくくて、運転が難しい試験車と同じプレメーラを借りて、ポーアイの練習所で教習スタート
先ずは格付け試験使用の右左折方法と安全確認個所を教えて繰返し練習すると、「こんなに確認はしてなかったです」と、D判定になった理由がわかったみたいで、そして前回の格付け試験で失敗した、S字クランクコースの入り口を練習ですが、ハンドルの切れ角が悪いので、前部がダメな場合の切返し方法はシッカリ教習し

タイヤ位置と車体感覚をつかんでもらいながら、安全に通過出来る様に何度も練習し、次も失敗が多い方向変換と縦列駐車では、ハンドル切り始めるポイントと安全確認箇所をお教えして、もちろん切返し方法も練習して

「前回は先生の教習を受けてたら良かったです」と、私の教習を受けたらA判定が多く取れるのをわかってもらったみたいで、内容の濃い~2時間の教習を終了
悪いところがわかったので、年明けの試験前にもう一度練習して、今回は自信を持ってもらってから受験してもらいますね 😀 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL