先生の格付け教習受けて正解です

今日も先週から予約の電話をたくさん頂いている、警察官の運転技能格付け試験を受験される男性警察官さんと初教習です

2年前に格付け試験1回目を受けたのですが、まったく教習を受けずに受験してB判定結果で、そして昨年違う教習所で4時間受講されて、格付け試験を受験したのですが最低のD判定結果で、上司さんから「今回は絶対にA判定もらって来い!そうじゃないと居場所無いよ(笑)」って、言われてるので絶対にA取りたいと同期の方2人に聞くと、「上手に教えてくれる先生居るから紹介するよ。この人に任せたら大丈夫」と、2年前に私の教習を受けられてA判定取られた方に聞かれて申込み頂きました
先ずはホイールベースが長く、且つハンドル切れ角が悪くて運転し難い、試験車と同じプリメーラが有る大久保の練習場へ移動して、格付け仕様の運転方法を説明し教習開始
教えてもらった運転と違う安全確認や右左折方法に、進路変更が出来る様に何度も練習して、課題のS字クランク狭路の通過では、入口のハンドル切り始める時期やタイヤ位置に車体感覚を教習しながら、一度で通過できない場合の切返し方法も教習して
IMG_4163
その後は方向変換と縦列駐車を教習しますが、ハンドル切る時期と安全確認箇所に、切返し方法を何度か練習して
IMG_4164
場内課題項目もサクサク教習し、場内運転が大丈夫になったところで路上試験コースに移動
明石試験場の路上コースに移動して、進路変更に右左折方法に安全確認など、それと場内課題で無かった駐車車両の避け方に横断歩道の接近方法にと、格付け仕様の運転方法を教習
すると本人さん気付いていない、普段されている運転の悪い癖がチラホラ見えて、左折の際にハンドル右振りと送りハンドルなど修正して、「先生の格付け教習を受けて正解です」と、格付けA判定もらえそうに仕上がったので、必ず格付け試験A判定もらってくださいね 😛 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL